マンションをグレードアップさせるオプションアイテム!

皆さん、マンション購入の際はモデルルームやサンプルルームを見て決定されると思いますが
そもそもモデルルームには魅力をアップさせる様々な視覚操作が施されています。
快適な住空間とは別に実平米数よりも広く見せる為の飾りつけや装飾品、カラーコーディネートにより
素の状態よりも価値が高く見えるように演出がされています。
なので、いざ契約して購入すると室内は素の状態に戻っており意外と狭く感じたり収納が少なかったり
感じる事が多くあると思います。(照明もその一部でもあります)
しかし、それはさておき快適な住まいにする為には不動産業者でなくても簡単にリフォームができます。
リフォームと言うと大改築のような感じがしますが、そうではありません。
既存の部分を生かしながらプラスオプションの付加価値でグレードアップを図るのです。
照明器具やカーテンなど、当たり前のアイテムですが使用する器具の選定やカーテンの生地、スタイル
によりインテリア性は大きく異なっています。
収納も床面積の割に大きな家具を購入してしまいますと生活空間が少なくなり快適では無くなります。
有効スペースを残しながら収納スペースを確保できるオーダー家具が非常にお勧めになります。
オーダー家具の利点は壁へ直接固定する事から耐震性能が高く、サイズオーダーで製作しますから
デッドスペースができません。
最近のマンションでは床材がフローリングですからコーティング施工も大変お勧めです。
入居前に施工する事で表面の硬い塗膜でフローロングを保護できますし汚れの付着がし難くなり
長期に渡り美観もそうですがお手入れが非常に簡単になります。
またマンションと言うと戸建とは違い気密性が非常に高い事から湿気が室内にこもり
カビの発生やホルムアルデヒドの放出が懸念される事です。
これを簡単に解消してくれるアイテムがINAXから発売されているエコカラットです。
このエコカラットは天然の鉱物からできており湿度コントロールやホルムアルデヒドの吸着、
臭気を綺麗にしてくれるインテリア性の高い室内用タイルなんです。
幅広い機能性も含め、エネルギーを必要としないセラミックタイルですので大事に使えば
半永久的に使える優れものなんです。
こういったアイテムを上手く利用する事で素の間取りも住みやすい生活空間へ早変わりできます。
これからマンションを購入される方も入居待ちの方も是非マンション用のオプション商品をご検討頂き
快適な住空間を手に入れてください。
マンションを快適な住空間へ導いてくれるインテリアオプション専門ショップはこちら

入居後さらに快適に暮らす

フローリングへのコーティングやオーダー家具の設置など入居前に済ませておきたいマンションオプション商品は沢山ありますが
入居後に設置したい商品も実際にマンションで暮らしてみると出てきます。

玄関網戸もその中のひとつです。ドアを開け広げると本当に良い風が入ってくるマンションですが、なかなかドアを開けっ放しとはいきません。
いくら最近のマンションはオートロックなどのセキュリティがいいとはいえ、やはり開けっ放しというのは落ち着かないものです。

また虫の侵入も気になるところで、高層階だから蚊やハエなどはいないとおもいきや人にくっついて上がってきたりエレベーターを使っても上部に上がってきます。

さらに外から中が丸見えというのも気持ちの良いものではなく、なかなか玄関扉を開け広げるのには問題点が多いものです。

そんな悩みを解決してくれるのが玄関網戸です。ただ普通の玄関網戸では虫の侵入を防ぐことしか出来ませんのでマンションに付けるには少しグレードの高い玄関用網戸がおすすめです。

クールドアなら防虫はもちろんのこと、防犯面も安心でプライバシーも保護してくれます。

その充実の機能ですが、風を通す入口となる防虫ネットはやはりホコリ等でよごれやすいですがクールドアの防虫ネットは取り外しも簡単で汚れたら外して水洗いができます。4枚に分割され小さくなりますので表で水洗いがしにくいマンションでもお風呂場に持ち込んで洗うことが出来ます。
防犯用のロックは上下にしっかりかかり、外から専用キーで開け閉めもできますので大変便利です。
最大の特長はルーバーと呼ばれる格子のようなものが外部からの視線を遮って部屋内を外から見られにくく出来ます。
さらにこのルーバーは通風量調整ツマミを動かし事で角度を3段階に変えることができ、風の量を調整することもできます。
ルーバーもネットと同じくホコリ等が溜まりやすいところですが防虫ネットと同じように外して水洗いが可能です。

オーダーメイドの「こだわり」エクステリア編フローリング編玄関網戸編マンションオプション編協力施工会社様募集記事内窓インプラス編
造作家具編雨戸編網戸比較編プラマードU編記念品ダイエット |マンションもしもの時は詳細 マンション火災について詳細